『ネットビジネス』と『ビジネス』の違い

スポンサードリンク

『ネットビジネス』と『ビジネス』の違い・関係

 

ネットビジネスというのは、スモール/ラージはさておいて、
お金を稼ぐ為の方法であり、ビジネスであるということが言えます。

 

このことから、次のようなことが言えます。

  • お金をもらう相手が存在する
  • モデルをビジネスシステム化できる

 

お金をもらう相手が存在する

ネットビジネスは一人で開始することができます。
ですが、お金というのは一人で生み出すことはできません。

 

お金というのは『役に立った』対価としてもらうものになります。
(逆に言えば、人の役に立つことができれば、マネタイズできる可能性があるということになります。)

 

一方的に搾取するものでは決してないです。

 

更に言えば、そのビジネスを行う上で関与した
全てのものに不利益が生じないことが最も理想です。

 

オークションであれば

商品を仕入れ、販売した結果…

  • お客さんに満足してもらう
  • 自分にも利益が入って嬉しい
  • 仲介として利用したヤフオク側にもお金が入って嬉しい

これが理想なわけですね。

 

アフィリエイトであれば

ニーズに合わせた集客媒体を作成し、広告を流した結果…

  • 広告主のビジネスが加速する
  • サービスの利用・商品の購入を行ったユーザーが満足する
  • アフィリエイターは報酬が貰えて満足する

これが理想なわけです。

 

やるべきではない行為

これらはごく当たり前のことで、ここからやるべきではない行為というのも分かるわけです。

  • 企業の不利益になるような行為
  • ユーザーが損益を被るような商品の販売

 

最近…というか、
僕がネットビジネスを始めた当初から目立つノウハウとしては、
企業の不利益になるような行為を繰り返すノウハウが少し目立ちます。

 

モデルのビジネスシステム化

ネットビジネスは、最初は一人で開始できますが、
行う方法によっては、いずれ一人の限界というものが訪れます。

 

そうなったときにできること。

  • 作業の簡略化
  • 稼ぐ方法を広げる
  • ビジネスシステム化

 

作業の簡略化

作業の中には代わりがきく作業というのがあります。

 

あまり収入には直結しない作業を代わりにやってもらうことで、
自身の負担を減らし、収入に直結する作業に集中しやすい環境を作ることが可能になります。

 

稼ぐ方法を広げる

ネットビジネスに挑戦する人は、全員やってみて欲しいですが、
稼ぐ方法を『教育方面に展開していく』ことをやっていって欲しいと思っています。

 

ネットビジネスは仕組みとして、
教育をマネタイズする方法が幾つも存在します。

 

自らが実践して得た…経験から話すことができる情報というのは非常に価値があるものです。
何度か質問で、「メルマガ始めたものの…話すことがないんですがネタってどうしてますか?」と聞かれたことがあります。

 

僕はたいしてメルマガを活用していませんがっ\(^ω^;)/
それでも…話すことがない…ということは、さすがにないです。

 

話すことがない…ということは、
実践してない…ということです。

 

逆に言えば、実践さえすれば、実践に基づいた話というのが無限にできるわけです。
そして、その話を必要としている人は意外と多い。

 

ネットビジネス界で目立つ情報というのは、実践から得られたプラスの情報ばかりですよね。
ですが、実際はマイナスの情報もいっぱいあって、その情報を必要としている人も、また、大勢います。

 

メルマガビジネスで一気に人を集めようと思ったら、
そりゃぁ…色々な方法を駆使することになるかとは思いますが…

 

役に立つ情報を配信し続けることさえやっていれば、
メルマガというのは自然と成功に近づいていくのかなぁ…と、僕は思っていますよ。

 

ビジネスシステム化

教育が進化すれば、理論的には…
全作業を他人に任せることが可能になるわけです。

 

すべてを他人に任せることができれば、
立派なビジネスシステムであると言えますね。

 

お金を稼ぐことは勿論大事ですが、
お金を稼ぐことが全てではないです。

 

 

【続き】第四章 現在人気のネットビジネスとは

スポンサードリンク